【目的別】便利なショートカットキー一覧表を使って作業効率アップ

パソコン

Windows PCを使う上で覚えると作業効率をアップする便利なショートカットキーを紹介します。

ショートカットキーは、Windows、エクセル、ワード、パワーポイントなど、アプリごとで組み合わせが膨大なので実践で使えるものを目的別に紹介します。

Windowsの基本ショートカットキー

コピーCtrl + C
切り取り・カットCtrl + X
貼り付けCtrl + V
操作を1つ戻すCtrl + Z
戻した操作を進めるCtrl + Y
ファイルを保存するCtrl + S
ファイルを開くCtrl + O
閉じるCtrl + W
印刷Ctrl + P
全て選択Ctrl + A
検索Ctrl + F
アクティブウィンドウの切り替えTab + Alt
ソフト内でタブを切り替えるTab + Ctrl
今行っている操作を中止するESC
名前を変更F2
最新の情報に更新F5
タスクマネージャーを開くShift + Ctrl + ESC
画面をそのままコピー
(スクリーンショット)
PrintScreen
(PriScr)や
(PrtScn)を略してる場合もあります。

文字入力

入力文字をひらがなにするF6
入力文字をカタカナにするF7
入力文字を半角カタカナにするF8
入力文字を全角英数にするF9
入力文字を半角英数にするF10

Excel(エクセル)のショートカットキー

データ入力

セル内のデータを編集するF2
日付を入力するCtrl + ;
現在の時刻を入力するCtrl + :

セルの移動

セルA1に移動するCtrl + Home
表の最後にセルに移動するCtrl + End
表の端のセルに移動するCtrl + ↑(上の端に移動)
Ctrl + ↓(下の端に移動)
Ctrl + →(右の端に移動)
Ctrl + ←(左の端に移動)
指定したセルに移動する(ジャンプ)Ctrl + G

数式の入力

合計を入力する(SUM関数)Alt + Shift + =

セルの挿入と削除

セルを挿入するCtrl + Shift + +(プラス)
セルを削除するCtrl + -(マイナス)

Word(ワード)のショートカットキー

カーソルの移動

文書の先頭に移動するCtrl + Home
文書の末尾に移動するCtrl + End
前の段落に移動するCtrl + ↑
次の段落に移動するCtrl + ↓
前のページの先頭に移動するCtrl + PageUp
次のページの先頭に移動するCtrl + PageDown
特定のページに移動するCtrl + G

文字の選択

1行ずつ文字を選択するShift + ↑(前の文字を選択)
Shift + ↓(次の文字を選択)
1段落ずつ文字を選択するCtrl + Shift +↑(前の段落を選択)
Ctrl + Shift +↓(次の段落を選択)

文字の入力

改ページ記号を入力するCtrl + Enter
日付を入力するAlt + Shift + D
現在の時刻を入力するAlt + Shift + T
著作権記号を入力するCtrl + Alt + C

文字の書式

文字を1ポイント大きくするCtrl + ]
文字を1ポイント小さくするCtrl + [
フォントや色をまとめて設定するCtrl + D
文字を太くするCtrl + B
文字を斜体にするCtrl + I
下線を引くCtrl + U
二重下線を引くCtrl + Shift + D
上付き文字にするCtrl + Shift + +(プラス)
下付き文字にするCtrl + Shift + -(マイナス)

箇条書き

箇条書きに設定するCtrl + Shift L

文字の配置

文字を中央揃えにするCtrl + E
文字を右揃えにするCtrl + R
文字を左揃えにするCtrl + L
文字を両端揃えにするCtrl + J

文字数のカウント

文書内の文字数や行数を表示するCtrl + Shift + G

検索と置換

文書内を検索するCtrl + F
置換を実行するCtrl + H