iPhone、iPadをiCloudかiTunesで確実にバックアップする方法

iPhone、iPadをiCloudかiTunesで確実にバックアップする方法ガジェット

iPhoneのバックアップは、設定も簡単で一度設定すると自動でバックアップしてくれます。
また、バックアップ方法は、クラウドにバックアップするiCloudとPCにバックアップするiTunesの2種類がありますが、バックアップできるデータに違いはないので、どちらを選んでも大丈夫です。

しかし、バックアップできる容量や環境の違いがあるので詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

バックアップが必要な理由

iPhoneのバックアップは必要でしょうか?

普段は、バックアップなんて必要と感じないと思いますが保険と同じように、トラブルが発生したときは重要になってきます。それは、バックアップデータがなければ、データが復元できないからです。

では、どのようなときにバックアップデータが必要になるのでしょうか?

  • 消えたら困るデータがあるとき
  • 間違って大事なデータを消してしまったとき
  • iPhoneを機種変更(機種変)するとき
  • iPhoneが故障して修理に出すとき

このようなトラブルが発生したときに、バックアップデータがないとiPhoneを元の状態に戻せなくなります。

しかし、バックアップを1年前にしました・・・や、かなり前にしました・・・では、トラブルがあっても1年前や、かなり前の状態にしか戻せません。

ですので、毎日バックアップするのが理想ですが、最低でも1週間に1度はバックアップをすることを、おすすめします。

バックアップできるデータとは?

iPhoneのバックアップは、簡単にiPhoneの、ほとんどのデータをバックアップできますが、完全に全てのデータをバックアップすることはできないのです。

では、なぜ全て完全にバックアップできないのでしょうか?
バックアップできないデータを紹介しながら解説します。

バックアップできないデータ

  • iTunes StoreやApp Storeからダウンロードした、アプリやコンテンツ。また、Apple Booksに直接ダウンロードしたPDF
  • iTunesから同期したコンテンツ(mp3やCD、ビデオ、ブック、写真など)
  • すでにiCloudで保存されているデータ(iCloud写真、iMessageなど)
  • Face IDや、Touch IDの設定
  • Apple Payの情報と設定
  • Apple メールのデータ
  • アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ(iTunesは暗号化バックアップだとバックアップできる)

バックアップできない理由

iTunes や App Storeでダウンロードした、データは復元すると再度ダウンロードするからです。また、再度ダウンロードできるなら、バックアップしない方がバックアップの容量を減らせます。

iTunesから同期したコンテンツは、復元後にiTunesに再度接続すれば同期できます。また、Apple Musicを利用している場合、事前にApple側へiTunesからアップロードされています。復元後、自動でダウンロードできるので、iTunesに接続する必要がありません。

すでにiCloudに保存される場合は、バックアップが重複するのでバックアップされません。

Face ID や Touch IDの設定は、iPhone復元後に新しく登録と設定がするので、バックアップされません。

Apple Payも、iPhone復元後に新しく登録と設定するので、バックアップされません。

Appleメールは、iPhoneの保存されてるメールの設定はバックアップされますが、メールの内容(データ)はバックアップされません。現在では、GmailやYahooメールなど、クラウドに保管されているメールが主流だからと思われます。

アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータは、特に個人的情報なのでiTunesでバックアップするには、暗号化のバックアップ設定にしなければ、バックアップすることができません。

バックアップの方法は2種類「クラウド用のiCloudとPCに用のiTunes」

iPhoneをバックアップする方法は2種類ありますが、どのように違うのか、違いを表にまとめました。

項目iCloudiTunes
バックアップデータを保管する場所クラウドMacまたは、Windowsパソコン
バックアップできる容量最大2TB/月額1300円
(5Gまで無料)
Macまたは、Windowsパソコンの
空き容量による
データの暗号化常に暗号化暗号化の有り無しが選べる
バックアップするための環境Wi-Fiに接続されたら、どこでもバックアップ可能Macまたは、Windowsパソコンに接続してバックアップ

Wi-Fiに接続した環境であれば、iCloudだと、どこでもバックアップできて便利ですが、バックアップデータ多いと容量を増やすのに費用が発生する場合があります。

また、iTunesは、Macまたは、Windowsパソコンを持っていればバックアップ容量を気にせずにバックアップできます。

iCloudのバックアップ方法を解説

iCloudのバックアップは、バックアップしたいiPhoneで設定します。バックアップ設定が完了したら、すぐにバックアップすることができます。

iCloudでバックアップする設定の手順

  1. ホーム画面から設定アイコンをタップします。
  2. 設定画面を開いたら、Apple IDをタップします。
  3. Apple IDの画面を開いたら、iCloudをタップします。
  4. iCloudの画面を開いたら、ICLUNDを使用しているAPPからiCloudバックアップをタップします。
  5. バックアップ画面を開いたら、iCloudバックアップオンにします。
  6. バックアップの設定は完了です。

今すぐにバックアップしたいときは、今すぐバックアップを作成をタップします。

iCloudでバックアップする設定の手順を画像で解説

iPhone設定

ホーム画面から設定を開いたら、Apple IDをタップします。

AppleIDからiCloudを開く

Apple IDの画面を開いたら、iCloudをタップします。

iClound設定画面
iCloundバックアップ

iCloudの画面を開いたら、「ICLOUDを使用しているAPP」からiCloudバックアップをタップします。

iCloudバックアップ設定

バックアップ画面を開いたら、iCloudバックアップオンにします。
これで、iCloudのバックアップ設定完了です。

iTunesのバックアップ方法を解説

iTunesでバックアップするときは、Macもしくは、Windowsのパソコンを使ってiPhoneをバックアップします。

iTunesでバックアップする設定の手順

  1. Macは標準でiTunesがインストールしてあるので、最新の状態までアップデートしておきます。
    Windowsは、Microsoft Storeから検索してダウンロードします。
  2. iPhoneとパソコンを接続します。
  3. 接続すると、iPhoneにパスコードの入力を求めるメッセージや「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージを表示された場合は、画面の案内にそって操作します。
  4. iTunesでバックアップしたいiPhoneを選びます。
  5. 今すぐバックアップをクリックしたら、すぐにバックアップが始まります。
    ※ローカルのバックアップデータを暗号化にチェックしたら、アクティビティ、ヘルスケアもバックアップできます。

安全にバックアップする方法

複数のバックアップが安全

iPhoneのバックアップができないときの原因と理由

iPhoneにバックアップできないときは、バックアップできる条件を満たしていないことが考えられます。

iCloudでバックアップできない原因と解決方法

バックアップできない原因解決方法
iPhoneの充電が足りない充電器に接続して充電します
iPhoneがWi-Fiに接続されていないWi-Fiに接続します
Wi-Fiが不安定Wi-Fiルータの近くに移動して安定させます
iCloudのストレージが不足iCloudのストレージを追加契約する

iTunesでバックアップできない原因と解決方法

バックアップできない原因解決方法
正規のケーブルで接続していない純正ケーブルで接続する
iTunesが最新バージョンでないアップデートさせる

共通の問題と対応

設定して何をしても原因が分からないときは、1度電源を落として再起動すると解決することもあります。最後の手段でパソコンやiPhoneを再起動してみると良いでしょう。

まとめ

iPhoneのバックアップについてまとめます。

  • iPhoneのバックアップは、こまめにとっておく
  • iPhoneのバックアップ方法は2種類(iCloudとiTunes)ある
  • バックアップできないときは、iPhoneを再起動してみる