iPhoneの機種変更をパソコンなしで簡単に引越(データ移行)するクイックスタートの方法

iPhoneクイックスタートガジェット
スポンサーリンク

新しいiPhoneを購入したら、まずは、引越(データ移行)しますが、iOS12.4以降またはiPadOSではパソコンを使わずにデータを直接新しいiPhoneやiPadへ転送する「クイックスタート」が使えます。

クイックスタートは、写真やアプリなどのデータを新しいiPhoneやiPadにワイヤレスで直接引越できるので、パソコンやiCloudを使わずにデータ移行が可能です。

スポンサーリンク

iPhoneだけでデータ移行できる「クイックスタート」

iOS12.4以前のiPhoneやiPadでは、iTunesでパソコンかiCloudでバックアップを行い、新しいiPhoneやiPadでバックアップデータを復元するという方法でデータ移行をしていました。

そのため、パソコンを持っていれば簡単でしたが、パソコンを持っていない方は。iCloudでバックアップするために有料プランに加入して、また、Wi-Fi環境がない方はモバイル回線でバックアップして復元するため、多額の通信量を払っていました。

クイックスタートは、そんな問題を解決するために簡単にデータ移行できる便利な機能です。

データ移行の準備

クイックスタートを使えば、データ移行は簡単ですが、スムーズに作業を進めるために準備しておきましょう。

アップデート前にバックアップする

まずは、バックアップします。
アップデート中にトラブルが発生したときに、バックアップをしてないと全てのデータを失う可能性があるので、必ずバックアップをしておきましょう。

こちらのページにバックアップの詳しい手順を解説しています。
バックアップは確実にやって、トラブルが発生したとき対応できるようにしておきましょう。

iOSのバージョンを最新にする

iPhoneのデータ移行は、今まで使っていたiPhoneと新しいiPhoneのiOSを同じバージョンでしないとデータ移行できません。

新しいiPhoneはデータ移行する流れの中で自動的に最新のiOSにアップデートしますが、今まで使っていたiPhoneは最新のiOSにアップデートしておきましょう。

こちらに、詳しいアップデートの手順を紹介いるので、安全にアップデートするときは確認してみてください。

データを整理しておく

写真や動画データなど、データの容量が多いとデータ移行の時間がたくさんかかります。
また、新しいiPhoneが今までのiPhoneよりも容量が少ないモデルだった場合、コピーできない可能性があるので、バックアップするかGoogeフォトやAmazonフォトなどのクラウドに転送するなどのデータを整理しておきましょう。

Wi-Fi環境があるところでやる

データ移行は、Wi-Fiのネットワークに接続して行いますが、Wi-Fiが不安定だったり使えない環境では、直接ケーブルでiPhone同士を接続することで転送できます。

しかし、データ移行後にアプリを全てダウンロードすることになるので、W-Fiが使えないと通信費などの面で大変になる可能性があります。ですので、Wi-Fi環境でデータ移行することを、おすすめします。

今まで使っていたiPhoneを充電して、充電器を準備しておく

バッテリーの残量が少なすぎるとき、データ移行できない場合があるので充電しておきましょう。

また、データ移行に時間がかかるときは充電するようにメッセージが表示される可能性があるので、いつでも充電できるように充電器を準備しておきましょう。

中古のiPhoneに移行するときは初期化しておく

新しいiPhoneは、初期セットアップが完了していないので、すぐにクイックスタートを使うことができますが、中古のiPhoneにデータを移行するには、初期化されているか確認しましょう。

iPhoneの電源を入れて「ハロー」と表示された画面でないときは、iPhoneを初期化(すべてのコンテンツと設定を消去)しましょう。(iPhoneの初期化の方法は、このページの一番下に紹介しています)

データ移行の手順

移行手順はシンプルで簡単です。

新しいiPhoneの電源を入れて、今まで使ったiPhoneを近く置くと、新しいiPhoneに移行する案内が表示されるので、画面の指示通りに進めるとデータ移行できる流れになります。

iPhoneのデータを移行する

最初に、今まで使っていたiPhoneのBluetoothをオンになっていることを確認しておきます。もし、オフになっていたら、オンにします。

  1. 新しいiPhoneの電源を入れて、言語を選択したらクイックスタートの画面が表示されます。
  2. 今まで使っていたiPhoneを新しいiPhoneに近づけると、「新しいiPhoneを設定」が表示されるので、ロックを解除して続けてください
  3. 新しいiPhoneの画面に動くパターンが表示され、今まで使っていたiPhoneのカメラでスキャンします。
  4. パターンをスキャンしたら、新しいiPhoneに今まで使っていたiPhoneの画面ロック解除のパスワードを求められるので入力します。
  5. Face IDを登録します。
  6. データ転送の設定が始まるので「続ける」を選びます。
  7. 位置情報サービスのオン・オフを選びます。
  8. Apple Pay (交通系ICカード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード)の登録をします。
  9. Siriの設定をします。
  10. iPhone解析をAppleと共有するか、共有しないと選びます。
  11. データの転送が始まります。
  12. データの転送が完了したら、自動で再起動してデータが移行の完了です。

画像付きでデータ移行説明

iPhoneクイックスタート

次に、新しいiPhoneの電源を入れて、言語を選択したらクイックスタートの画面が表示されます。

iPhoneデータ移行でロック解除

そして、今まで使っていたiPhoneを新しいiPhoneに近づけると、「新しいiPhoneを設定」が表示されるので、ロックを解除して続けてください。

iPhoneパターン認証

ロックを解除すると、新しいiPhoneの画面に動くイメージが表示され、今まで使っていたiPhoneのカメラでスキャンします。

iPhoneクイックスタートのパスワード入力

パターンをスキャンしたら、新しいiPhoneに今まで使っていたiPhoneの画面ロック解除のパスワードを求められるので入力します。

iPhoneクイックスタートでFaceIDを登録

次にFace IDを登録します。

iPhoneクイックスタートで転送

データの移行の設定が始まります。(予想転送時間が表示されています。)

iPhoneクイックスタートで位置情報設定

位置情報サービスのオン・オフを選びます。

iPhoneクイックスタートでApplePay登録

次に、Apple Pay (交通系ICカード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード)の登録をします。

iPhoneクイックスタートでSiri登録

次に、Siriの設定をします。

iPhoneクイックスタートでiPhone解析を設定

iPhone解析をAppleと共有するか、共有しないと選びます。

iPhoneクイックスタートでデータ転送開始

データの転送が始まります。

データの転送が完了したら、自動で再起動してデータが移行の完了です。

アプリをダウンロードする

データ移行が完了したら、アプリのダウンロードが自動で始まります。

データ移行では、アプリに保存しているログイン情報やデータなどを移行しますが、アプリ本体は移行されないので新しくダウンロードすることになります。

アプリをたくさん入れてる人はダウンロードの容量が多いと思うので、Wi-Fi環境でダウンロードすることをおすすめします。

個別のアプリの設定する

アプリのダウンロードが完了したら、個別のアプリの設定をします。
データ移行では、データ移行されないアプリのデータもあるので注意してください。

例えば、LINEでは「アカウントを引き継ぐ」で新しいiPhoneで使えるように設定する必要があります。

また、Google Authenticatorのワンタイムパスワードもアカウントのエクスポートで新しいiPhoneにデータを引き継がせる必要があるので注意してください。

iPhoneをリセット(初期化)する

データ移行と個別アプリの設定が確認できたら、下取りや誰かに譲るなどの予定があれば、iPhoneをリセットして全てのデータを消去しましょう。

iPhoneをリセットする手順

  1. 設定のアイコンをタップします
  2. 設定が開いたら、画面を下の方にスクロールして「リセット」をタップします
  3. リセットの画面では「すべてのコンテンツと設定をリセット」をタップします
  4. 画面中央にメッセージが表示されるので「今すぐ消去」をタップします
  5. 画面ロックを解除するパスワードを入力します
  6. 画面が下部に赤い文字で「iPhoneを消去」と表示されているのでタップします
  7. 本当に続けますか?と確認されるので、再度「iPhoneを消去」をタップします
  8. 自動的に再起動して、全てのデータやアプリなどが消去されます。
    (リセットには数分かかります)

こちらに詳しいリセット(初期化)の手順を紹介してます。