iPhoneの充電が遅いと思ったときの原因と解決方法

iPhoneの充電が遅いと思ったときに確認して解決する方法ガジェット

iPhoneはバッテリーの劣化を軽減するために、充電を最適化するようになっています。
そのため、最適化するように設定していると通常よりも充電時間が遅くなったり、充電しているようでも充電してないような感じになったりします。

それは、iPhoneのバッテリー劣化を軽減するために、バッテリー充電の最適化を行っているのが原因です。

そこで、バッテリー最適化の設定をオフにして、今まで通りの充電に戻る設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

バッテリーの最適化設定

設定場所の紹介

iPhoneのバッテリー充電の最適化を設定する場所を紹介します。

設定場所は、設定 > バッテリー > バッテリーの状態 > バッテリー充電の最適化 になります。

設定をオンにすると、充電の最適化がされるので充電が遅くなる場合があります。
設定をオフにすると、今まで通りの充電になりますがバッテリーの劣化を早める可能性があります。

画像付きで設定を紹介

次は画像で設定場所を紹介します。

iPhone設定バッテリー

ホーム画面から、設定をタップしてバッテリーをタップします。

iPhone設定バッテリーの状態

バッテリーを開いたら、バッテリーの状態をタップします。

iPhoneバッテリーの最適化

バッテリーの状態が開いたら、バッテリー充電の最適化を設定します。

オンにすれば、充電が最適化されて充電が通常よりも遅くなります。
オフにすれば、今まで通りの通常充電になります。

まとめ

iPhoneの充電が遅いなと思ったら、バッテリーの最適化を確認にしてみましょう。

バッテリーの劣化を軽減するための設定ですが、バッテリーの残量が気になるときはオフにしても良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました